2012年12月14日

art work 1

02.jpg




少し前の話になりますが、gallery feel art zeroにて、都築晶絵さん・宮下香代さんによる、『十一紙 展』にお邪魔してきました。


紙という身近な素材ながら、とても興味深く、秀逸なデザインの作品ばかりで、ほんとうに素晴らしい展示でした。




003.JPG


都築さんの作品を、vahan用に購入させて頂き、ディスプレイしてみました。



都築さんを通して、製本作家という、アートワークがあることを知ることができました。






年末という忙しい時期ではありますが、こちらも観覧できればなと思っております。



01.jpg
posted by 永井 at 21:37| 日々のこと

2012年12月06日

WEED&STONE DEALER

『楽なスタンスで肩肘張る』



『実際されている畑・庭いじりから、インスピレーションを受けてというものづくり』



そんな、コンセプチュアルで素敵なshopである、WEED&STONE DEALER




gardener・farmer'sのためというコンセプトから産まれた、取り扱いブランドの1つである、suoloのカタログです。




webmail.jpg



微力ながら、製作に当たっては、vahanも協力させていただきました。



受付にありますので、興味ある方は是非、お手にとって頂けたらと思っております。





ちなみに、12/8(sat)-12/14(fri)まで、初のサンプルセールをされるそうなので、WEED&STONE DEALERの世界観と、suoloのデザインの素晴らしさに、触れていただければと思います。
posted by 永井 at 19:43| 日々のこと

2012年11月01日

ある休日

design.jpg



先日、gallery yamahonにて、『中村好文の家具デザイン1981-2012』を観覧してきました。



敬愛する建築家の中村さんが提案する家具は、合理的かつ機能的でありながら、美しいデザインのものばかりでその世界観に引き込まれました。




91w6wau3OTL__AA1500_.jpg


51eiths1hLL__SL500_.jpg



お待ちの際は、是非、手にとって頂き、その世界観を味わって頂きたいなと思います。




その前には、少し遠回りして、喫茶tayu-tauにてランチしてきました。



最高の料理・雰囲気で、何度伺っても、感嘆せずにはいられない素晴らしいお店です。



津市にあるので、遠方にはなりますが、是非、お薦めです。、



posted by 永井 at 23:09| 日々のこと

2012年09月22日

Teapot+Cup exhibition・Chilly Gonzales

teapotEx_top.jpg



先日、Analogue Lifeさんにて行われていた『Teapot+Cup』exhibitionを観覧させて頂きまし

た。6名の作家さんによるTeapotとCupの展示で、どれも素晴らしいものばかりでした。個人的に

は、大村剛さんの作品に特に感銘を受けました。今後もお取り扱いされるそうなので、注目していき

たいと思っております。


あと、ずっと気になっていた、teteriaの紅茶も頂いてきました。vahan初のワークショップの時に

お出しできたらなと思っております。





47528140_o1.jpg

47528140_o2.jpg



Chilly Gonzales/Solo PianoUです。



ジャンルを超えた名盤として、後世まで残したい傑作『Solo Piano』の第2弾です。

妖艶さと哀愁と安らぎに浸ることのできる秀逸な作品です。





posted by 永井 at 22:30| 日々のこと

2012年07月14日

『イロ ノ ヨウナ カタチ ノ ヨウナ』と新しい照明

01.jpg



先日、gallery feel art zeroさんでの、Kim Honoさんによる、『イロ ノ ヨウナ カタチ ノ ヨウナ』を観覧してきました。




オブジェとしての作品としても、秀逸なデザインと世界観なのですが、食器としても使うことができ
たり、様々な用途で、日常の暮らしに彩を加えてくださる本当に素晴らしい作品たちでした。




明日が最終日ですが、是非お薦めです。











015.JPG




最近仲間入りした、新しい照明です。



いつもお世話になっている綯交さんで購入させていただきました。





フォルムと木の質感・それを照らす灯りのバランスに一目惚れしてしまいました・・・。
posted by 永井 at 22:08| 日々のこと

2012年06月28日

ふじい製作所・李英才 exhibition

fuji_top.jpg



先日、Analogue Lifeさんで行われた『ふじい製作所lacquer work exhibition』を観覧してきました。



ご夫婦で製作されていて、ご主人がろくろで木地を挽き、奥様が漆を担当されているそうで、トチやクルミの蓋と漆のバランスが大変素晴らしく、初めての個展とは思えない、Analogue Lifeさんという素敵な空間に溶け込んだ、素晴らしい作品たちでした。




漆のものが、本当は欲しかったのですが、サイズが合わず・・・、


012.JPG


お客様からお預かりするピアス等を入れたりする時に、使わせて頂こうと思います。









e0273994_20221676.jpg




うつわhaseさんで開催中の李 英才さんによる個展も、観覧してきました。



ドイツのエッセンにある、マルガレーテンヘーエ陶器工房のディレクターを務められている、李 英才さんの作品は、東洋と西洋・李朝とバウハウスのような、異なる文化・美でありながら、その素晴らしさを併せ持った素晴らしい作品たちでした。





009.JPG




vahan用に購入させて頂いた、エスプレッソカップです。






会期が延長されて、来週も開催されているので、器好きの方は是非。
posted by 永井 at 23:02| 日々のこと

2012年06月05日

suoloとmanon

書類等を入れても大丈夫な、大きめな鞄がずっと欲しかったのですが、ようやく購入することができました。




2012crop.jpg



suoloという知人がやっているブランドなのですが、



suolo=土・土壌を意味する言葉で大地という大きな意味でも用いられる。


  地球・自然・人間、すべての本来のあり方を知る。まずは土に触れることから.....
道具としてのバッグという、大変素晴らしいコンセプトのブランドです。




今回購入させて頂いたのは、その中のcropというものなのですが、細部にいたるまでこだわり抜かれた、デザイン・素材は、秀逸で、その上で持ったときの使い心地も素晴らしい鞄です。



名古屋では、大須にある、WEED&STONE DEALERで取り扱いされていて、他にも色々な型もあるので、是非お薦めです。




ちなみに、お気づきかも知れませんが、画像はHPからお借りしたもので、僕ではありません....。







42514813.jpg




SCHOLE主宰のAKIRA KOSEMURAのMANONです。



前作のオリジナルアルバムとは異なり、舞台作品のサウンドトラックでありながら、一音楽作品としても、大変素晴らしい仕上がりになっています。



どうしても見たかったのにも関わらず、スケジュール的に断念した映画『Pina/ピナ・バウシュ踊りつづけるいのち』の無念もバレエつながりということで、ほんの少しですが軽くなったように感じます。





posted by 永井 at 18:39| 日々のこと

2012年05月18日

うつわ[hase;ハーゼ]と貌

先日、名駅近くに5/12にopenしたばかりの、うつわ[hase;ハーゼ]さんにお邪魔してきました。



自分的に名古屋にこんなお店があったらいいなと、ずっと思っていた世界観とセレクトのお店で、本当に嬉しく思います。


opening exhibitionとして、5/19まで二階堂 明弘さんという作家さんの展示がされているのですが、器だけでなく、花器や茶道具等もあり、そのどれもが本当に秀逸なものばかりで、感嘆せずにはいられない素晴らしいものでした。



010.JPG


vahan用に購入してきました。






あと先日、gallery feel art zeroさんで開催されていた『貌』にもお邪魔してきました。



朽ちた木や様々な木の、素材としての美しさを最大限に生かした中西さんの花器と、麻・竹という素材を使い、一見それとはわからないのですが、着けてみたときに感じるその素材の良さ・秀逸なデザインの松永さんのアクセサリーが、gallery feel art zeroという空間の中で、絶妙に溶け込み、本当に素晴らしい展示でした。




001.JPG




念願だった中西さんの作品をvahanのディスプレイ用に購入することができました。










posted by 永井 at 12:23| 日々のこと

2012年05月04日

岐阜へ

今度は、岐阜で休日を過ごしてきました。




まずは、可児市にある、四角家カフェ リトルムッシュでランチしてきました。



菜園野菜料理の盛り合わせ パン サラダを頂いたのですが、どれも本当に美味しくて、大満足でした。

空間の方も、自分好みで、こんなお部屋で日常を過ごすことができたら素敵だなと、思わず妄想せずにはいられませんでした。

STAFFの方も気さくに接客してくださり、本当に居心地のいいお店でした。




名古屋からは、リトルムッシュさんも少し距離はありますが、前回のtayu-tauさん同様に、その距離を忘れさせてくれる満足感に包まれるのではないかと思います。







その後は、多治見市にあるギャルリももぐさにて、mina perhonen+百草 つくりの回生Uを観覧してきました。



前回も観覧させて頂いたのですが、今回も同様に、ひとつひとつのものが丁寧に作り込まれ、細部にいたるまでこだわりを感じさせて頂ける、安藤さんとmina perhonenの共演とあって、本当に見所たっぷりの展示でした。



003 (2).JPG



vahan用に購入しました器です。




会期も残り僅かですが、是非お薦めです。






最後に、



img20120426113130.jpg



現在、東区のgallery feel art zeroにて開催中の『貌』です。



こちらでも、度々紹介させて頂いている、木工作家の中西洋人さんが、初めて名古屋で行う展示です。



朽ちた木の美しさを最大限に生かし、丁寧に創り込まれた花器の展示です。




もう一人のアーティストである松永智美さんは、今回初めて観覧させて頂くのですが、麻・竹の素材を使ったジュエリーでこちらも大変楽しみです。





会期は5/13迄となっておりますので、是非、その世界観を感じて頂けたらと思っております。


posted by 永井 at 18:34| 日々のこと

2012年04月27日

三重へ

先日、久しぶりに三重方面をぶらぶらしてきました。



まずは、三重県津市に、少し前にopenされて、様々な知人からお薦めされていた喫茶tayu-tauさんにようやくお邪魔する事が出来ました。




webmail (2).jpg




その日は野菜プレートをいただいたのですが、本当に美味しくて、本当に素敵な空間で、皆さんから伺っていた通りの本当に素晴らしい世界観でした。


名古屋からですと少し距離はあるかもですが、帰宅の際には、その距離も気にならない満足度だと思いますので、是非行ってみて下さい。






color.jpg



その後は、伊賀市にあるgallery yamahonにて、5/6(sun)迄、開催中の

辻 和美+factory zoomerさんによる『Color展』にもお邪魔してきました。




色彩豊かな硝子の器たちが、ディスプレイされている姿は圧巻で、どの色も素晴らしく、選ぶのに、皆さん困りそうだなと感じました。


観覧した時間が夕方からだった為、館内に差す夕陽も幻想的な空間と非常にマッチしていて、そういった部分でも、なんか得した気持ちになりました。




たまには、ちょっとした遠出もいいものですね。

posted by 永井 at 18:38| 日々のこと

2012年04月08日

東京へ

img20120301103500.jpg



先日、休日に日帰りで、東京に行ってきました。



以前、こちらでご紹介させて頂いたDEE'S HALLにて開催の中西洋人さんによる『木の器』展を、どうしても観覧したく、お邪魔してきました。




朽ちた木の美しさを最大限に生かし、丁寧に創り込まれた花器を、挿花 坂村 岳志さんによる花が、その魅力を最大限に引き出し、静かな佇まいながらも、圧倒的な存在感で、観覧させて頂くのは、今回が2度目なのですが、今回も感嘆せずにはいられない本当に素晴らしい世界観でした。





こちらでも彼等の世界観の一端が垣間見れると思いますので、是非ご覧ください。




nakanishi wood works




その後も、せっかくなので最終の新幹線まで、Roundabout/OUTBOUND雨と休日而今禾-TOKYODOUGUYAENSYU等を覗かせて頂き、充実感いっぱいの一日になりました。





vahanもほんの少しづつでも、このような方たちのように、『丁寧に創り込まれた仕事』を実現する為に 真摯に取り組んでいきたいと思っています。







posted by 永井 at 20:50| 日々のこと

2012年03月15日

春のexhibition

tradition_top.jpg


先日、Analogue Lifeさんで行われているずっと楽しみにしていた、『Tradition Refined』にお邪魔してきました。




Sの上質な生活雑貨・DOUGUYAの明治-昭和初期の美しい家具や古道具が展示されています。

圧倒的なクオリティーの高さに、思わず息を呑んでしまいました。




vahanでお客様用にSの湯呑みを購入させて頂きました。



006.JPG



20(tue)まで開催されているので、是非、この素晴らしい世界観を感じて頂きたいです。







img20120301103500.jpg


3/23-3/30まで、東京の青山のDEE'S HALLで行われる木工作家 中西洋人さんによる『木の器』です。




朽ちた木の美しさを極限まで高めた花器・坂村岳志さんによる、その魅力をぐっと引き出す挿花という絶妙な味わいの展示になります。






前回も、僕の拙いボキャブラリーでは表現できないほど感動したのですが、その素晴らしさを、また感じてきたいと思っております。






期間中に東京に行かれる方には、本当におすすめの展覧会です。
posted by 永井 at 22:16| 日々のこと

2012年02月28日

mちゃんと いとかと にこ

こんにちは。

いとかです。

先日、ずっと行きたかったお店巡りをしました。

メンバーはいとか・にこさん・mちゃん


@ランチ:「薬草labo棘」さんへ

 toge.jpg

(今日のにこちゃんはテンションが高く、あっちこっち歩き回ってハラハラ・・・)

野菜がメインのランチ。

お品書きを見ながら一品一品感動しながらいただきました。

普段、きゅうりしか食べないにこさんが、にんじんの和え物をムシャムシャ!

mちゃんのにんじんまで食べていました。

たしかに、甘かったです☆

店内は座敷に縁側、のんびりした雰囲気。

予約制なので、みなさんゆっくりおしゃべりを楽しんでいました。

もちろん、いとかもガールズトークというものをしました。

(にこさんは、持参したブロックとクッピーラムネに夢中)

そして、

誕生日プレゼントを。


ブレス.jpg

おめでとーう!!

mayaniko.jpg

昭和区の「as is」さんでかわいいブレスレットを購入。

いつ行っても、可愛さに興奮してしまうお店です。



A「和菓子菓寮 ocobo」さんへ

 ocobo餅ファンのいとかはocobo餅を購入♪

 店内で京菓子と日本茶をお召し上がりいただけます♪

 是非!!


B覚王山 縁日へ

 毎月21日に開催される縁日。

 初めて行ってきました。

 屋台がたくさん!新鮮な野菜や食べ物☆たくさん!

 にこさんは歩くのに夢中で進行方向を無視して逆走・・・

 日泰寺でお参りをして、

 やみつきになる味のみたらし団子を食べました。

 ほんのりしょうゆの香ばしい味がたまらんです。

 

 とっても、充実した休日でした。


 
  
posted by 永井 at 16:26| 日々のこと

2012年01月18日

あたらしい日用品

4839939683.jpg



個人的には、東京に行った際には、毎回覗きたいお店の一つである、吉祥寺の生活雑貨店Roundabout/OUTBOUNDの店主である、小林和人さんにより、厳選された実用的で美しい日用品の数々が掲載されている本です。


日々の暮らしから、美しいデザインの傍で、すごしたいと感じさせてくれます。


興味のある方は、是非、お薦めです。
posted by 永井 at 19:31| 日々のこと

2011年12月06日

廃墟で迎えた誕生日

先日、滋賀県北部にある廃墟物件をセルフリノベーションして、工房・自宅に改造中の友人夫婦のところに遊びに行ってきました。


2.jpg


着いた瞬間から、言葉を失ってしまうほど、かっこいい建物でした。中に入ってからも、まだ、未完成な部分ばかりなのですが、手を入れた部分の素晴らしいセンス・建物そのもののかっこよさを考えると、完成が本当に待ち遠しいです。


そして、不覚にも忘れていたのですが、その日は自分の誕生日で、サプライズでお祝いもして貰ってしまいました。


webmail.jpg


中の素晴らしい世界に我を忘れてしまい、せっかくの飾りもBIRTHDAY BGMもまさかのスルーしてしまい、おめでとうと言われてようやく気付きました・・・。


本当に充実した素敵な誕生日になりました。



040.JPG


東京の青山のDEE'S HALLで12.13-22まで開催される10周年・100回目の記念の展覧会です。


たくさんの著名な作家さん達の作品の中に彼等の作品も展示されます。


僕はスケジュール的に行けそうもありませんが、会期中に東京に行かれる方は、是非立ち寄ってみてください。
posted by 永井 at 19:11| 日々のこと

2011年11月18日

on the table / below the table

onthetable_1.jpg


先日、Analogue Lifeさんで、現在行われている企画展『on the table / below the table』にお邪魔してきました。




テーブルの上を彩る、工房イサド/本田 淳さんが、カトラリー・カッティングボード・コースター等の作品で、

テーブルの下に置く、サークルファクトリー/ジョージ・ピーターソンさんは、ウッドボウル・スツール等の作品でした。




木という素材を使って、それぞれが異なる、それでいてお互いが調和していて、Analogue Lifeさんの素敵な空間に溶け込んでいるような、素晴らしい企画展でした。



今週末まで開催されているので、お時間がある方には、是非観覧していただきたいです。




vahanにも、少しだけ連れて帰ってきました・・・。


002.JPG

008.JPG



015.JPG
posted by 永井 at 21:47| 日々のこと

2011年11月10日

照明

vahanのディスプレイを久しぶりに、照明をメインに少し変えてみました。



道具はこのように・・・。



009 (2).JPG



鳥かごを少し変えてみました。


before
010 (2).JPG


after
063.JPG


コードをシルクコードに変えて、ソケットと電球を真鍮に替えました。




pandさんで見つけた古い壁掛けの照明。真鍮の海外電球とコードをつないで・・・、



013.JPG


ちょっと離れてみました。

038.JPG




ソファ後ろも、シルクコードと真鍮の海外電球で、少し変えてみました。


048.JPG


032.JPG




ディスプレイが少し変わるだけで、気分も新たに美容に取り組めます。
posted by 永井 at 20:02| 日々のこと

2011年09月29日

akira kosemura

先日ずっと行きたかったakira kosemuraさんが、初めて名古屋にライブで来てくださったので、張り切っていってきました。

vahanでBGMとして使わせていただいているのも、そのakira kosemuraさんが主宰しているレーベルscholeばかりに、気付いたらなってしまっていました。

LIVEの方は、ピアノ・バイオリンの美しい旋律、バックの映像が絶妙に絡み合い、終始、鳥肌が立ってしまっている状態で、本当に素晴らしいLIVEでした。


posted by 永井 at 19:44| 日々のこと

2011年09月06日

松本2

以前からずっと気になっていて行きたかった、LABORATORIOにも行ってきました。


054.JPG


1Fはthe BOX SHOPは井藤 昌志さんのOval Boxだったり、大好きなブランドであるARTS&SCIENCEや、commono reproductsなどのアイテムをセレクトされていて、2Fのgalleryでは、その時は、様々な作家さんたちによる器展が行われていました。

長居せずにはいられない本当に素敵な空間でした。



matumoto2.JPG


週末営業のみの為、中には入れずでしたが、すぐ近くということもあり、三谷龍二さんの10cmの前まで行ってみました。いつか会期中等でスケジュールが合うことを祈っています・・・。


この付近は、この2店に限らず、ほんとうにかっこいいビル・建物が多く、空いているのをみたりすると、ここにvahanが入ったら・・・などと妄想せずにはいられませんでした。



057.JPG


少し足をのばして、穂高にあるnagiにも行ってきました。

別荘等が立ち並ぶ本当に素敵なロケーションで、空気が美味しく感じられる素晴らしい場所にありました。取り扱っているものも、僕好みのものばかりで、それをディスプレイしている什器も、ご主人がつくられたものだそうですが、鉄・木材の質感等が本当にかっこよく、勝手に素敵なセンスをお持ちなご夫婦だなと、感心してしまいました。



他にも松本城等の観光スポットもたくさんあり、充実感いっぱいで過ごすことができました。


煌びやかなものはなくても、暮らしのセンスがすごく高いなと感じられる街でした。
posted by 永井 at 18:44| 日々のこと

2011年09月02日

松本1

先日、以前から気になるギャラリー等がある松本方面に,夏休みを利用して小旅行してきました。


まず、伊那ICで途中下車して、東山公園駅近くにあった頃からお世話になっていた、
le petit marcheにやっとお邪魔することができました。ナビと看板を見ながら向かったのですが、どんどん山奥のほうに来て、


写真.JPG


最後は車一台ギリギリ通れるくらいのこんな道を抜けて、


052.JPG


なんとか辿り着くことができました。


053.JPG


こんな素晴らしい大自然のなかにあるだけでなく、お店も名古屋のときと変わらず、素敵な空間でした。


その後松本に向かい、以前から気になっていたtadokorogaroにも行ってきました。


matumoto1.JPG

丁寧につくられた作品たちが並ぶ、素敵な空間でした。
posted by 永井 at 15:47| 日々のこと